自宅新築日記

自宅の新築にまつわるあれこれを綴っていくつもりです。

エネルギー

電気代の認可制と自由化

ロシアとウクライナの戦争をきっかけに、電気代が随分高くなってきました。 戦時下と思えばこの程度は大したことないのかな、と思わないでもないですし、報道で見聞きするヨーロッパ諸国での上がり方と比べたら、知れているのは確かです。とは言え、あっちが…

蓄電池あれこれ

蓄電池の導入検討について書いたので、ついでに蓄電池がらみのネタを少々書いておきます。 1.材料系と寿命 今市販されている家庭用の蓄電池は全てリチウムイオン電池ですが、実は一口にリチウムイオン電池と言っても、材料の細かい違いでいくつか種類があり…

蓄電池の導入を考えてみる-後編-

-中編から続く- 6.候補になる機種はどれか ここまでの考察をまとめると、 10kWh程度又はそれ以上の容量 5kW以上の出力 ハイブリッド型又は停電時に太陽光発電の能力を使い切れるタイプの単機能型 ハイブリッド型の場合、太陽光発電のパワコンとしての能…

蓄電池の導入を考えてみる-中編-

-前編から続く- 3.停電時の太陽光発電の扱い 電力系統が停電すると、太陽光発電は自立運転モードに自動的に移行します。自立運転モードでは発電量が最大でも1,500Wに制限されます。どんなにパネルに強い光が当たっていても、です。パワコンがそういう設…

蓄電池の導入を考えてみる-前編-

家を建てたときには太陽光発電パネルを載せるつもりですが、蓄電池をどうするか迷っています。 以前、 オフグリッド住宅の話を書いたりしましたが、セキスイハイムのスマートパワーステーション100% Editionに対する考察(前編,後編)を振りかえってみても…

太陽光発電が凄いことになってきた

太陽光発電(正確には再生可能エネルギー)に関する凄い記事を見つけました。下記です。 内容はと言うと、東北電力管内で今年の5月4日、11~12時の時間帯に再生可能エネルギーの比率が全発電量の87.7%になったというものです。とは言え、素人には何が凄いの…

家による光熱費の違い(第二弾)-後編-

-中編から続く- 7.エネルギー源毎の使用比率 前回は総使用エネルギー使用量を算出してみましたが、もう少し細かく、エネルギー源別の集計をしてみました。電気、ガス、灯油の比率を見てみようというわけです。 ただ、B市の家はガス比重が高すぎて一般的…

家による光熱費の違い(第二弾)-中編-

-前編から続く- 5.総使用エネルギー量 ガス使用量の集計では体積[m3]ではなくエネルギー[MJ]に換算して比較しました。 同様に、電気や灯油を含めて、全てをエネルギー量に換算したらどんな感じになるかを調べてみました。 電気は、1[kWh]=3.6[MJ]の換算…

家による光熱費の違い(第二弾)-前編-

以前、家による光熱費の違いを集計しました(下記)。 あれから5年。当時はC市のデータは1年分のみでしたが、その後追加1年分のデータが増えました。更にその後にC市の中でもう1回の引っ越しをしていますので、そのデータも増えました。これらを追加して、改…

エコキュートは元が取れるか?

先日、エネファームは経済的に成り立たないことを試算し、エネファームにメリットは無いと結論づけました(これとこれ)。 今回は同様の計算をエコキュートでやってみました。 1.計算の前提 エネファームの時と同様の前提で計算します。資源エネルギー庁の…

さすがのオーブルデザイン

エアコンでの除湿は難しいという話を書きましたが、このあたりの話を踏まえて効果的に空調機を使うためには、エアコンの原理を理解した上で、適切な機種選定をし、しかも適切な使い方をせねばなりません。 それをやっている事例を見つけました。以前紹介した…

家による光熱費の違い-後編-

-前編から続く- 5.光熱費は? 電気、ガス、灯油の使用量は前回まとめました。 で、金額はどうだったのか? それが下記です。 これだけ見ると、オール電化の勝利!という感じです。 A市の家(プロパン併用)が年間20~22万円、B市の家(都市ガス;ガス依…

家による光熱費の違い-前編-

ここ数年で、二度の引っ越しを経て、都合3つの町、3つの家に住むという貴重な経験をしました。 それぞれ異なる特徴の家だったので、折角ですから光熱費の比較をしてみました。 1.それぞれの家の特徴 A市での家 電気とプロパンガス併用の住宅。アルミサッ…

今度はオール電化

2度目の仮住まいが始まりました。 前回の仮住まいはオールガス化住宅とでも言いたくなるほどガスへの依存度が高い仕様でしたが、今度の住まいはオール電化です。 当然、住宅設備の使い勝手がそれなりに違ってくると想像されます。 大きなところでは、キッチ…

地中熱利用で小さな進歩が

以前に、地中熱の利用について書いたことがあります。その中でもアクティブ利用型と言われるものについて、ちょっとした進歩を伝えるニュースを目にしました。 内容はこちらです。大手ゼネコンの大林組が発表した、地中熱利用のコストと性能を改善する開発成…

地中熱の利用-後編-

-中編から続く- 7.現存する各種システム 地中熱を利用するシステムは種類が非常に少なく、現実にはほとんど選択の余地がありません。 私が見つけられた範囲で、現存する各種システムの特徴をまとめてみます。(1)ジオパワーシステム 説明図はこちら。 …

地中熱の利用-中編-

-前編から続く- 4.ジオパワーの懸念点 パッシブ方式中でも、ジオパワーについてはもう一つ懸念があります。これは心配しているだけで、実際に問題があるのかどうか、ちゃんと確認していないので分からないという意味です。自宅への採用を本気で考える様…

地中熱の利用-前編-

先日、某TV番組でジオパワーシステムというメーカの特集をやっていました。いわゆる「地中熱」を利用するシステムを開発しているメーカです。 地中熱自体には以前から興味があったのですが、今一つ自分の中で咀嚼できていなかったこと、また、価格面で一般住…